瞑想の効果

近年、マインドフルネス瞑想の流行などで

座禅や瞑想が再び注目を浴びています。

 

だいぶ以前にこのブログでも立禅などの体験談を

書かせていただいたことがあります。

 

精神を安定させる

あるいは

自律神経を整える

 

といった検索をインターネットで行うと、

セロトニンを増やすなどの記事がよく目に飛び込んできます。

 

詳しくないのですが、とても流行ったので

マインドフルネス瞑想から連想して久しぶりに

書いてみようと思いました。

 

瞑想は脳の状態を良好にし、

ホルモンバランスを整える。

そして、身体の回復力をあげる、

ストレスを大幅に緩和する

 

こうした効果や効能が謳われることが多いです。

 

最近、新規でいらしたクライアントさんもメンタル面で、

あるクリニックで瞑想を進められて数年間行ってきたとのこと。

一定の効果は感じるものの瞑想の限界を感じて来られたとも。

 

その方にもおつたえしたのですが、

瞑想そのものは自然体で無理せず活用すればいいものです。

 

ただ、それだけで心身の状態が大きく変わるかと言えば、

難しいかもしれません。

 

私たちは肉体をもって生きているので、

その土台となる構造上のバランスを見ていくことは大切。

 

肉体を疎かにしたままのマインド的なアプローチは

時に危険ですらある。

 

もちろん、

瞑想もボディーワークの一つであるとも捉えられます。

とはいえ、

瞑想を行う上で最も価値あることは

・・・瞑想そのものに価値をおかないこと

 

目的をもたず、

ただ、瞑想をする

 

結果としての効果、効能であって

そのことの理解が乏しいのが現代における

瞑想ブームの難点ではないかと感じます。

 

建物の土台と同様。

まずは、

おからだの構造バランスの立て直しから

ご自身を見つめ直すこと

 

その上で、

瞑想などに取り組まれた方が数倍もその恩恵に

あずかれることは事実。

 

精神性を強調しすぎると思考偏重となり、

ますます、にっちもさっちもいかなくなります。

 

良い瞑想をしたいと感じたら

 

身体バランスの立て直しの根幹である

頭部内側へのアプロ―チを行うことが先決です。

 

そして、

それが行える治療、施術院は

なかなか見当たりません。

 

手前味噌ながら、それが可能な当院のメソッド。

おからだは私にお任せくださいね(^^)

 

即効性よりも土台から整えたい

 

そんな方は、当院へいらしてみてください。

 

新しい自分を発見できるかと思います。