新型コロナウィルスと免疫力

11月も下旬に入りました。

連日、新型コロナウィルスの話題が再燃しています。

 

特に東京都内での感染者数の急増化の情報が大きく報じられ、

GoToキャンペーンなどの実施での経済的な側面と

感染症対策のバランスが論じられています。

 

今回のコロナの感染は「空気感染」ではなく、

「飛沫感染」

「接触感染」

が挙げられています。

 

対策としては特に対面的な前方への飛沫防止。

手洗い等の励行をしていくこと。

 

当院でも以前から施術のつど手洗いは励行しておりますが、

施術中の部位転換でもアルコール除菌等を適宜行っています。

ただ、当院の施術スタイルとして自律運動(自分で動いていただく)スタイルがメインですので、

接触箇所が最小限であることはプラスに働いているように感じます。

 

多面的な情報をご覧になっている方であれば、

すでにお気づきかと思います。

実は現状では国内での情報はかなり偏った報道のされ方をしていますので、

念のためきちんと対策は行いつつ、冷静な判断が必要です。

 

満員電車、外食産業をはじめとするサービスの実施。

これらが行われる際に、必ず「飛沫」「接触」に類することは避けられませんので、

世の中の対面サービスをすべて止めることでしか

本質的には対策が取れないの事実です。

 

この辺りが国も悩むところではないかと思います。

 

個人的な考えとしては免疫力をはじめ、

自身の体力の総合力にかかっているのだと感じます。

 

新型コロナウィルスに限らず、

季節性の強い感冒やインフルエンザなど。

 

どれほどクリーンな環境設定、ウィルス対策を施していても

ご本人の状態が芳しくなければあまり意味を為しません。

その総合的な体力はどこから生まれる。

その根幹が脳幹。

当院でもメインで行っている間脳(脳幹)の活性が

最重要だと考えています。

 

脳が全力を挙げて全身への指令を24時間

絶え間なく行ってくれています。

 

呼吸、心臓をはじめとする内臓全般の動きまで。

いつだって指示系統を乱すことなく働いてくれています。

 

そのベースとなるのが脳幹という部位です。

 

今の時期にクライアントさんから質問で多いものひとつが

「どうしたら免疫力があげられますか?」

ということ。

 

コロナウィルスの流行もあり、そのお気持ちはよく分かります。

 

そして、

私のお答えは

「自分の体力、免疫力をMAXにしておくこと」

 

この対策、対応以上のことはない。

本気でそう感じています。

 

そのための方法を詳しくお伝えしていますので、

ご自分で力をつけていきたい人はぜひ、ご相談くださいね(^^)

 

この冬も皆さまが健康に過ごされることを願っております。