施術者紹介

心身の不調和に気づきをうながす
慢性症状専門整体師
石井 正一

プロフィール

  • 氏名:石井 正一(いしい まさかず)
  • 出身:神奈川県秦野市渋沢(現在、東海大学前に在住)
  • 趣味:娘と遊ぶ、自然の中を散歩、読書、ショッピング、音楽鑑賞、家族と美味しいものを食べる
  • 家族:妻、長女、次女

 

『はじめに』

世の中には、様々な治療法、整体術が存在します。
今、残っている流派の者は全て、それぞれに効果・効能があるものだと思います。

そうでなければ、自然に消えて無くなっていくものだと思います。

 

筋肉、骨、関節、頭蓋や仙骨、頸椎、足、気の流れ、エネルギー・・・様々な理論があり、
たくさんの技術や手法があります。

 

どれが正しく効果的か?

一定の成果があるのだから、どれも正しいのです。

 

少しでも早く痛みを取りたい。

クライアントさんの症状を取り除き、楽にさせてあげたい。

真摯に望む治療家であれば誰もがそれを追い求めます。

私もそのひとりです。

 

それでも、ある時、ふと気がつきました。

たったひとつ、何かが抜け落ちていることに。

 

その症状の原因を突き詰めていくことで見えてくること。

 

それは、本来の自分自身と向き合って生きられていない状態であること。

本質的には、ただ、その一点だけが症状という形で、ご自身に訴えかけているのです。

そのことに気がついてほしい、と。

 

お身体との対話

言葉での対話

一緒に過ごす時間・空間の中での対話

 

整体で出来るお手伝いは、身・心・魂 に、そのスイッチを入れるきっかけを作り出すこと

 

 

そんな想いに至るまでの自身のストーリーを短く綴ってみました。

 

私は、元々は一般企業に勤める会社員をしていました。

地元企業に就職してから10数年経過したある日、健康とダイエットのために取り組んだヨガの特訓で右腰部から右脚にかけて坐骨神経痛を患ってしまう。

整形外科、鍼灸院、接骨院、整骨院、整体法、ボディーワーク、等を訪ねるも、臀部から足首までにかかる痛みは日に日に痛みをまし、やがて歩行の度に強烈に痛みを伴うようになっていった。
3年近く、あらゆる治療院を渡り歩き、様々な手技療法を体験する。

主訴である腰痛・坐骨神経痛の症状の改善はみられないものの、それぞれの療法では、食養や運動法をはじめ、様々な健康への取り組みがなされており、一気に身体への関心が高まることとなる。

結局、ひとりの高齢の天才気功家との出会いにより、苦しんだ坐骨神経痛は解消。

この気功は自発動功といい、気功師が送ったスイッチを元に、患者自らが身体を動かし、筋骨格系の歪みを整えるというもので、気功で治るのではなく、気功が自然治癒力にスイッチを入れ、反応した身体の自己調整により、筋・骨格が整い、治癒力が高まり、快方へ向かうものだった。

この気功での体験は鮮烈であったが、それはたまたま天才と巡り合ったから、救われたという思いもあった。

この自分自身で治していく感覚を広く体現できないかと考え始める。

 

また、これらの自身の経験とともに、長女が幼少期、ひどい腹痛、血便に苦しんだ時期があり、大学病院を転々としたものの原因が分からず、検査の為の大開腹手術を迫られる。

あらゆる療法を探し求め、口腔外科医で免疫学の権威でもある西原克成先生を訪ねる。
ミトコンドリア博士・西原医博との出会いに救われ、食生活の見直し、有効な乳酸菌の摂取等で、腸内環境の改善を行い、長女が劇的に快癒。

これらの経験が自然治癒力への関心を寄せるきっかけとなり、世の中の多くの方に自然治癒力の偉大さを知ってもらい、それを引き出す手助けが出来ればとの想いが強まった。

そして、長年お世話になった企業を退職し整体師を目指すこととなる。

最初は整骨院で働きながら幾つかの整体手技・療法を学んでいった。

様々な手技療法を学びながら、初めに志した、自分自身の自己治癒力にスイッチを入れるような整体への興味が強まり、模索を続ける。

その中で、仙台発祥の民間療術の集大成である操体法を深化・発展させた「多次元操体法」や「理学操体」といった最新の操体法。
さらに独自の整体理論、分析法、お腹へのアプローチ等を有する「動作分析法」などをそれぞれの創始者を通して学ばせていただき、これらの技術を核として2016年春に秦野の自宅で開業。

腰痛、股関節痛、膝痛で、手術を受けるか悩んでいる方々を救うべく、今までの整体技術にさらに「つるた療法」の手当療法を加え、腸腰筋症候群へアプローチし、他院では対応できない、重度の症状がある方への対応も専門に行っている。

現代人は、極端に脳や眼を酷使しすぎており、自律神経の乱れも大きく影響している。
それら現代病ともいえる状況に対応すべく、おなかや頭へ優しくふれる整体を用いて、自律神経からくる症状への対応も行っている。

 

各種のテクニックを独自に組み合わせて、お身体全体を丁寧に見ていくことで、病院や他の治療院で見離されて来院された方々にも、効果を上げているケースは多数。

 

各種、手技を用いながらも、根底にあるのは、自然治癒力を最大限に引き出すこと
そして、目的は、その人の人生がよりよくなることのお手伝い
そんな思いで、日々、整体を行わせていただいています。

家族   小雨ふる箱根神社にて(2016)

整体関連経歴

  • つるた療法普及協会会員
  • JHA(日本治療協会)会員
  • 整体操法手技研究会会員
  • 赤ひげ塾プロ整体師養成スクール 本講座修了
  • Japan PNF Technique Association  アドバンス修了
  • 日本パーフェクト整体「ヘルメス塾」 本講座修了
  • リラクセンス協会  リラクゼーションセラピスト修了
  • 動作分析整体法 創始者より伝授
  • BSセラピー協会 BASIC修了
  • 埼玉操体法講習会受講
  • ナチュラルエネルギーヒーリング BASIC修了
  • 多次元操体法講習会受講
  • 理学操体 I&Kポジション完全習得セミナー修了

その他、講習会、セミナー多数修了。
現在も、クライアント様へ還元できるよう、精進を続けています。

 

院長からのメッセージ

私は幼少の頃から体は丈夫な方ではありませんでした。
腰痛・坐骨神経痛で約3年間、歩行すら苦しんだ経験もあります。
家系的に偏頭痛もちでしたが、今では頭痛もめったにありません。
運動、食事療法、瞑想、整体等、多くの療法を学ぶことで、いつしか人並みに体調も崩さず、セルフ整体や健康に過ごす術を身につけました。
決して丈夫ではなかった私が、心地よく暮らす術(すべ)を身につけたのですから、あなたにも出来ます。
一緒により良い生活をおくる一歩を踏み出しましょう!


秦野てんこい整体院
院長 石井正一