痛みは悪者・・・ではないのです

痛みが出ると、なんとかしたくなる

当たり前の反応だと思う。

痛みが強ければ強いほど、
長引けば長引くほど、

憂鬱だし、不安だし、やりたくてもできないことが増えている気がして、気も滅入る

この痛みさえなければ・・・。

自分自身、過去に3年近く坐骨神経痛に苦しんだ経験があるので、その気持ちがよく分かります。

 

ただね。

痛みがあるから救われている部分が、たくさん有るわけなんです。

例えでよく使われるのが、熱いフライパンやストーブに誤って手を置いてしまって、そのままだったら火傷するでしょ、という話

痛みや不快感で示して、教えてくれているから、それ以上無理をできないように、
あるいは、ピンチを察知して、身を守ってくれているのです。

 

ギックリ腰のような緊急時の場合は、強烈な痛みを

慢性症状には、なかなか解消されない痛みや不快感で

 

そんな風に、いろんな形で、自分の体を守るために症状という形でみせてくれているのです。

 

 

・汗かくのイヤだ

・動くのきらい

・寝ている時間がもったいない

・甘いもの、だ~い好き

・スマホ、やめられない

 

これまた、いろんな理由を付けて、からだを労わることを忘れてしまう、ぼく達がいます(笑)

 

・風邪ひいた

・のどが痛い

・頭が痛い

・鼻がつらい

・腰が痛い

・膝が痛い

・・・・・・・・。

 

なんでもかんでも、薬に頼る習慣が染みついている日本の国の人たち

 

ドラッグストアが、街にあふれて収益を上げているのも頷けますよね。

 

 

製薬メーカーにとってのドル箱とかした日本人

そろそろ、自分の体に眠る本当の力に気がつき、本来の自分の体に生きていきたい思うのは、
ぼくだけでしょうか。

政治問題は、一朝一夕では変わりませんが、

ひとりひとりの意識で、社会は変化していくことはまちがいない。

薬飲んで、その場しのぎをする。

これは健康のみならず、実はすべての問題に共通する問題点なのかもしれません。

お読みいただき、ありがとうございます(^-^)