リラクゼーションサロン

今日は国道246号線沿いにある大型リラクゼーションサロン店の『手もみ総本店 愛甲石田店

』さんのオーナーさんとのご縁で、店長さんの招聘により、整体の講義をさせていただきました。

朝一のご予約のクライアントさんに、一時間早めて来ていただく予定でしたが、いつも早めに来てく
ださるクライアントさんの勘違い&道路事情で、施術の開始が遅れてしまいました。

早めに到着して、心を落ち着けてスタートと思いっていたのに、スタートからご迷惑をおかけしてしまいました(^^;)

その後、お招きいただいた講義の場に10分ほど遅れてしまいましたが、事前連絡を入れていたので、オーナーの西岡さんが、お集りのスタッフの皆さんに、私の紹介をして場をつないでくださっていました。
西岡さんは、お若いながら多くのスタッフを束ねる経営者。どんな場面でも臨機応変に対応されて、流石です(^-^)

今回のスタッフさんへの講義のきっかけは、オーナーが私の整体を面白がってくださったのがきっかけで、店長さんが、ぜひにとおっしゃってくれて実現しました。

店長さんのお話によると、リラクゼーションという癒しが目的のはずのお店にも、割合重い症状をもった方の来院の数が増えているそうです。
そうした方に少しでもお役に立ちたい。リラクゼーションの提供の中でもできることはないだろうか?

こうした真心こもった気持ちをもつ、スタッフさんが多く、また、オーナーさんが基本を守れば、柔軟な施術スタイルもOKという自由な発想のお店の雰囲気もあり、整体についても学んでみたいということでした。

その場にいるだけで落ち着けるような照明や広々とした空間がひろがる、みごとな癒しの場で、お店のスタッフさんを相手に講義はスタート。

私自身は、リラクゼーションの世界は、ほとんど知らず、施術を受けた経験も数えるほど。
なので、先日事前にスタッフさんのお一人から、施術を受けさせていただきました

その体験をもとに、果たして、リラクゼーションサロンのスタッフさんのお役に立てる講義が、どうしたら出来るのかを考えていました

そう思いつつも、本番当日は、ほぼアドリブで自分の整体観をお伝えしていきました。

座学で一時間ほど、お話をさせていただき、その後、実技へ

骨盤矯正や操体法、ヒーリングなど、今まで多くの先生方に教えていただいてきた手技を自分なりにデモでお見せしました。

そのまま、お伝えできるものは一緒にやってみてもらいました。

今日、お伝えしたかったことは、カラダは強く押したり、もんだりしなくても、十分に変化が起こせるということでした。


そのことをイメージしながらであれば、リラクゼーション的なアプローチで行う場合も、少ない刺激で、クライアントさんには大きな反応が起こることを知っていただけたようです。

今回、講義を希望してくださった店長さんは、勉強熱心で、整体のセミナー等にも参加されてきたそうですが、治療家の中には、リラクゼーションセラピストをあからさまにバカにする人も居たそうです。

スタッフの皆さんとお話しして感じたことは、癒しも整体も治療も、人を元気にしたいという思いは一緒なのだということでした。

人を元気にしたいと思っていて働かれている人は、広い意味でみんなセラピストなのかもしれない。


肩をもまなくても、肩がゆるゆるになり、動きが良くなることに驚いているスタッフの皆さん

そのお一人お一人のお顔が、少年少女のように瞳をキラキラさせていられることが、とても印象的でした。

お店のプライドやしがらみなんぞを全く気にせず、講師として勉強会に招いてくださった、オーナーと店長さんの度量の深さにも感激しました(^-^)

『手もみ総本店 愛甲石田店』のみなさま

どうも、ありがとうございました。

それにしても、お店が広くて、きれいで、お洒落で、良い意味でビックリでした♪

ただただ、楽しかったです。