うれしい毎日

ここのところ、天気が安定せず、ここ秦野は今日も花冷えの陽気でした。
明日も、寒いようなのでみなさん、風邪などに気を付けていただきたいと思います。

当院は、周りに何の目印もない、小さな住宅街の坂の途中にあります。
なので、通りすがりの来院は皆無。
ネットでの宣伝もへたっぴなので、

ご紹介以外では、よほどご縁のある方でないと、新規で来院される方は少ないです。
かなり重い症状を持った方が良くなられて、さらにご紹介いただく感じ。
なので、必然的にさらに重い症状の方がいらしてくださったりします。

慢性症状で、しかも、病院等では改善するには手術しか手立てがないのでは、
と言われてから来院される方も少なくないのです。

当然ながら、しばらく通院していただくケースが多くなりますし、
症状の進み具合や、ご本人の治癒力にかなりの個人差があるので、
通院期間はまちまちです。
そのような中、今日も通い始めて一ヶ月の男性。が見えられました。
重い腰痛でご来院時には、ロ〇キソニンは元より、多くの鎮痛薬が全く効かないとおっしゃり、
長期間糖尿の持病もおもちで、そちらの薬も服用されていました。

正直、糖尿病のお薬や鎮痛薬を飲みなれてしまった方は、整体の効きがとても悪いので、
こちらも覚悟しつもつ、ご紹介でみえられたので、施術をさせていただきました。

経営者の方で、早朝から夜までお仕事をされていて、とても忙しいのですが、
ご自身の体の状態をわかっていらして、こちらが提案するまでもなく、
最低でも週に一回のペースで自ら予約を取り、きちんと通院くださりました。

セルフケアにも取り組んでくださったので、まだ、時折痛みはありながらも、
ご本人がはっきり認識できるほど、階段もすたすたと歩かれるようになりました。

カイロプラクティックをはじめ、マッサージや鍼灸他、たくさんの治療院巡りをされてきた方だったので、来院時は半信半疑でいらしたと思います。

それでも、とても謙虚で紳士的な方(見た目は貫禄十分の巨漢ですが)で、
お伝えした生活習慣の改善も出来る限りは実践してくださいました。

近頃感じることは、忙しいからという理由で自分で向き合わない方がいかに多いか。
その方の人生だから、そのことについて、善も悪もないのです。

ただ、カラダが悲鳴を上げるほど、不調和を起こしているときには、向き合う時期も必要かと思います。
たった一つのご自身の体です。
ご家族がいる方や仲間がいる方は、その方々にも悲しい思いをさせかねません。

この方から、学ばせてもらったことは、超多忙の中でも自分自身の心身へ向き合う時間を
しっかり作ることへの意識です。

自分の不調和認識して、そのために時間を作る選択をして、より良い人生の再スタート
をさせる意識の在り方を感じました。
別に治療院へ行けと進めているわけではなく、自分自身がどうやったら調和するかを
常に意識しておくと良いと思うのです。

 

ともあれ、思いのほか、お体の改善が早いクライアントさんを見ると、
とても嬉しくなります。

先月、先々月から通い始めてくださった重症の方々が、徐々に、されどはっきりと改善し始めているのを見つめながら、春の訪れと重なる光景にうれしい毎日です。